着圧ソックスはなぜ履くだけでキレイな脚になるのか?

 着圧ソックスの一番の効果は脚のむくみを改善することです。脚は心臓から遠い位置にあるため、血液やリンパの流れが悪くなり老廃物や水分が足に溜まりやすいです。そのため、脚はむくみやすい部分となっています。
 着圧ソックスは脚の筋肉のポンプ機能を助け、むくみを改善してくれます。さらに、むくみを改善すると、むくみの影響で筋肉が硬くなり、脂肪もつきやすかった脚も改善され、筋肉が元の硬さになり、脂肪もつきづらくなるため、キレイな脚を手に入れられます。




レッグドレナージュ3大特徴

 

レッグドレナージュは着圧ハイソックスです。
 レッグドレナージュの具体的な特徴は以下の3つです。
1.強力な段階着圧設計
 レッグドナージュでは足首部は520dnl(デニール)、ふくらはぎ部は100dnlと必要なところに必要な分の段階着圧設計となっています。
 dnlとは糸の太さを表す単位で薄手のタイツは30dnlとなっています。このことからレッグドナージュは着圧が高い部類のソックスであり、時間あたりの効果が高いです。





2.長時間履いても快適なハイソックスタイプ
 レッグドレナージュは着圧ハイソックスです。着圧ハイソックスのメリットは段階着圧設計と適度な厚さでオールシーズン使用できる点です。
 それぞれの部位すべてに適した圧力をかける段階着圧設計にすることにより、優しく脚全体をサポートして、心地よい締め付け感とフィット感を実現しています。
3.ポリウレタンを配合
 ポリウレタン(別名:エラスタン、スパンデックス)は伸縮性が非常に大きく、耐熱性や強度もある素材です。スポーツウエア、水着、レオタードなど伸縮性が必要なものによく使用されています。
 レッグドレナージュはこのポリウレタンを配合することにより、高い耐久性や身体への高いフィット性も実現しています。



↓履くだけですらっとした脚が手に入るレッグドレナージュの秘密はこちら↓





レッグドレナージュ メリットとデメリット

 

レッグドレナージュの口コミや評価などを調べ、メリットとデメリットをまとめてみました。
メリット
1.光電子?繊維による「保温」と「除湿」
 レッグドレナージュは光電子?繊維を使用しています。光電子?繊維は人の体から出ている体温を吸収し、遠赤外線を効果的に体に輻射する素材です。この遠赤外線を活用して「保温」することで快適なぬくもりを生み出し、血行の促進や冷え性の改善が期待できます。
 また、光電子?繊維には遠赤外線による水分の蒸散を助ける働きがあるため、汗をかいてもドライで快適です。




2.シンプルなデザイン
 レッグドナージュはブラックのハイソックスです。誰でも使いやすく、また、さまざまな服と合わせることも可能です。このブラックのシンプルなデザインのソックスだからこそ、多くの人に利用され親しまれています。





デメリット
1.着圧ストッキングと比べると狭範囲の効果
 レッグドレナージュは着圧ハイソックスです。
 類似商品としては着圧ストッキングがあり、下腹部から足のつま先まで覆うものです。広範囲の効果が期待できますが、着圧ハイソックスより着心地が悪く、長時間の着用はむいていません。
 一方着圧ハイソックスは狭範囲の効果しか期待できませんが、着心地が良く、長時間の着用にむいています。また、着圧ハイソックスは着圧ストッキングより着圧が高いため、時間あたりの効果が高いです。
 どのタイプの商品を選ぶかはそれぞれのメリットとデメリットを比べた上で判断するのが良いと思います。


2.就寝中に履くことに向いていない
 レッグドレナージュが就寝中に履くことに向いていない点は以下の2つです。
・着圧が100dnl〜520dnlと高い
・つま先が覆われている
 レッグドレナージュは日中に履くのに適した着圧ハイソックスです。
 就寝中にも履きたい人は着圧が30dnl前後の着圧ハイソックスでつま先が覆われていないものがおすすめです。ただし、着圧が弱いため時間あたりの効果が低くなってしまうデメリットがあるため、日中と寝る時で着圧ハイソックスを使い分けるのがおすすめです。

レッグドレナージュはこんな人におすすめ

・スッキリすらっとしたきれいな脚を求める人
・今の着圧ソックスより効果が高いものがいい人
・毎日のデスクワークや立ち仕事で脚が気になる人
・脚のむくみを改善したい人
 上記の項目にあてはまる人はレッグドレナージュの購入をおすすめします。



↓公式サイトはこちらから↓